• 先進医療情報ステーション TOP
  • 先進医療を知る
  • 先進医療検索
実施終了技術名

陽子線治療(前立腺がん)

ようしせんちりょう(ぜんりつせんがん)
この技術は「2018年4月1日」で先進医療に該当しなくなりました。
  • 適応症
    前立腺がん(遠隔転移しておらず、NCCN分類で中リスク群と診断されるものに限る。)
  • 内容
    この先進医療は、前立腺がんに対して、放射線の一種である陽子線を照射する療法です。陽子線は、放射線量が低い状態で体に入り、標的とするがんの位置で最大のエネルギーを放出し、それより奥には進まない性質があります。すなわち、がんに狙いを絞って攻撃することができ、正常組織にはほとんど影響を与えないとされています。
    適応となるのは、前立腺がんのなかでも中リスク群です。それは、「がんが前立腺にとどまっていて、左右の前立腺のうちの片方の2分の1を超えているか、左右両方に広がっている」「がんの悪性度をあらわすグリーソンスコアは中間を意味する7」「血液検査でがんの進行がわかるPSA値が10~20ng/dl」のいずれかに該当する場合です。
    以上のような前立腺がんの根治療法には手術療法や放射線療法がありますが、陽子線治療なら大きな力でがんを集中的に攻撃することができます。その結果、合併症を最小限に抑えつつ、がんを効果的に死滅させることで、治療効果の向上などが期待されます。
  • がんの分類
  • 部位・診療科分類
  • 技術の実施期間
    2017/07/01~2018/04/01
  • 医療機関
    • 過去に承認されていた実施医療機関
    都道府県 医療機関名 所在地 電話番号 医療機関の実施期間
    北海道 北海道大学病院終了 〒060-8648
    札幌市北区北14条西5
    011-716-1161 ~2018/04/01
    茨城県 筑波大学附属病院終了 〒305-8576
    つくば市天久保2-1-1
    029-853-3900 ~2018/04/01
    長野県 社会医療法人財団慈泉会 相澤病院終了 〒390-8510
    松本市本庄2-5-1
    0263-33-8600 ~2018/04/01
             

本サイトで扱う情報は2012年9月21日以降に更新されたものとなります。「過去」の実施技術・医療機関は、 2012年9月21日以降に終了したものを掲載しています。