• 先進医療情報ステーション TOP
  • 先進医療を知る
  • 先進医療検索
先進医療の現状
先進医療は手術や放射線治療だけでなく、投薬や検査など幅広く

先進医療と聞くと、最先端の医療機器を用いた手術(外科療法)や、培養細胞を用いた再生医療などを真っ先に思いつく人が多いことでしょう。

実際には、高度の技術を要する外科療法や放射線療法、移植・再生療法などのほか、抗がん薬などを中心とした薬物療法、自己細胞を用いた免疫療法など、先進医療にはさまざまな治療があります。また、治療だけでなく、検査や診断においても先進医療となっている技術もあります。

【手術や放射線治療以外に活用される例】

  • ニボルマブ静脈内投与およびドセタキセル静脈内投与の併用療法(薬物療法)
  • 家族性アルツハイマー病の遺伝子診断(検査・診断)
  • 抗悪性腫瘍剤治療における薬剤耐性遺伝子検査(がんの検査・診断)

 

増加傾向にあった患者数が2020年は一転して減少

1984年に制定された「特定療養費制度」において、国の承認を得た「特定承認保険医療機関」で受けた「高度先進医療」および「先進医療」は、保険診療との併用が認められました。この2つは2006年の健康保険法の一部改正で統合され、現在の「先進医療」という名称になりました。

新しい「先進医療」が始まって以降の傾向では、先進医療技術数にあまり⼤きな変動は⾒られません。実施医療機関数、先進医療に係る総額、患者数は増加傾向にありましたが、2020年はいずれも大幅に減少しました。これは、2020年4月に実施医療機関や患者数の多かった技術が先進医療から削除されたことが影響していると考えられます。

2021年2⽉1⽇現在の医療技術数は81件、実施医療機関数は770件(延べ数)となっています。

 

入院を必要とせず、外来やクリニックで受けられる技術も

先進医療技術は必ずしも入院を必要とせず、病院の外来やクリニック(診療所、医院)で受けられるものもあります。

【外来やクリニックで受けられる例】

  • LDLアフェレシス療法
  • 糖鎖ナノテクノロジーを用いた高感度ウイルス検査
  • CYP2D6遺伝子多型検査

 

先進医療に係る費用は幅が大きく、数万円のものもあれば、350万円以上かかるものもある

先進医療に係る費用は、1件あたり350万円以上の技術もあれば、数万円の技術もあり、費用の差が大きいことも特徴です。

【先進医療に係る費用の例】

  • ニボルマブ静脈内投与およびドセタキセル静脈内投与の併用療法⇒368万6,065円
  • 重粒子線治療(※1) ⇒ 312万3,757円
  • 家族性アルツハイマー病の遺伝子診断 ⇒ 3万円
  • 神経変性疾患の遺伝子診断(※2)⇒1万9,559円

厚生労働省先進医療会議における「令和2年度実績報告」(2019年7月1日から2020年6月30日の実績)をもとに当社にて試算。

※1 重粒子線治療は適応症によって先進医療Aと先進医療Bに分かれており、上記は先進医療Aの費用です。

※2 神経変性疾患の遺伝子診断のうち、脊髄小脳変性症に係るものは2020年4月より保険診療になりました。

 

実施医療機関が全国に1機関の技術もある

「重粒子線治療」や「陽子線治療」をはじめ、特殊な設備や専門かつ高度な技術をもった医療従事者を必要とする先進医療技術では、実施医療機関が限られてしまい、全国に多くは存在しません。

また、特殊な設備は必要ないものの、特殊な医療機器や専門かつ高度な技術を必要とする先進医療技術の場合もあり、1技術に対して全国で1医療機関しか実施していない技術もあります。

【1医療機関しか実施していない例】

  • 自己腫瘍・組織および樹状細胞を用いた活性化自己リンパ球移入療法
  • 培養細胞によるライソゾーム病の診断
  • ヒドロキシクロロキン療法

 

重粒子線治療、陽子線治療の実施医療機関