• 先進医療情報ステーション TOP
  • 先進医療を知る
  • 先進医療検索
先進医療に係る費用
先進医療に係る費用は、全額自己負担

先進医療は公的医療保険(健康保険)の適用を受けないため、先進医療に係る費用は、全額自己負担となります。また、その金額は技術の種類や医療機関によって異なります。

 

先進医療に係る費用以外の、通常の治療と共通する部分の費用は、一般の保険診療と同様に公的医療保険が適用されるため、各健康保険制度における一部負担金を支払うことになります。

 

なお、先進医療に係る費用部分は、高額療養費制度の対象にはなりません。各健康保険制度における一部負担金については、高額療養費制度が適用されます。

総医療費が100万円、うち先進医療に係る費用が20万円だったケース

高額な技術もある一方、数万円の技術も

先進医療に係る費用は、実際にはどのくらいか見てみましょう。下の表は、1件あたりの費用の例を挙げています。費用が高額になるものもありますが、なかには数万円という技術もあります。

先進医療に係る費用の例
先進医療技術名 1件あたりの 先進医療に係る費用平均
イマチニブ経口投与およびペムブロリズマブ静脈内投与の併用療法 919万8,594円
重粒子線治療 ※1 318万6,609円
陽子線治療 ※2 264万9,978円
インターフェロンα皮下投与およびジドブジン経口投与の併用療法 140万2,863円
LDLアフェレシス療法(閉塞性動脈硬化症) 108万4,575円
家族性アルツハイマー病の遺伝子診断 3万円
抗悪性腫瘍剤治療における薬剤耐性遺伝子検査 3万8,424円
ウイルスに起因する難治性の眼感染疾患に対する迅速診断(PCR法) 2万7,863円
細菌または真菌に起因する難治性の眼感染疾患に対する迅速診断(PCR法) 2万6,986円
厚生労働省先進医療会議における「令和3年度実績報告」(2020年7月1日から2021年6月30日の実績)をもとに当社にて試算。

※1 重粒子線治療は適応症によって先進医療Aと先進医療Bに分かれており、上記は先進医療Aの費用です。

※2 陽子線治療は適応症によって先進医療Aと先進医療Bに分かれており、上記は先進医療Aの費用です。