• 先進医療情報ステーション TOP
  • 先進医療を知る
  • 先進医療検索
実施終了技術名

膝靱帯再建手術における画像支援ナビゲーション

しつじんたいさいけんしゅじゅつにおける がぞうしえんなびげーしょん
この技術は「2014年4月1日」で先進医療に該当しなくなりました。
  • 適応症
    前十字靱帯損傷または後十字靱帯損傷
  • 内容
    スポーツや事故などで膝の前十字靱帯や後十字靱帯を損傷すると、膝がグラグラと不安定になります。十字靱帯を再建する手術では、適切な位置に靱帯を設置することが、手術の成功を左右する重要なポイントです。従来、靱帯の設置は関節鏡下に、必要に応じて術中のレントゲン撮影などを併用して行われてきましたが、術者によって成績にばらつきがありました。
    この先進医療技術では、コンピューターナビゲーションを使用することで、リアルタイムに靭帯の位置を正確に確認することができます。この操作により、術者はより適切な位置に靱帯を設置することが可能となり、手術成績の向上が期待できます。
  • がんの分類
     
  • 部位・診療科分類
  • 技術の実施期間
    2005/12/01~2014/04/01
  • 医療機関
    • 過去に承認されていた実施医療機関
    都道府県 医療機関名 所在地 電話番号 医療機関の実施期間
    東京都 東京大学医学部附属病院終了 〒113-8655
    文京区本郷7-3-1
    03-3815-5411 ~2014/04/01
    長野県 国立大学法人 信州大学医学部附属病院終了 〒390-8621
    松本市旭3-1-1
    0263-35-4600 ~2014/04/01
    大阪府 社会医療法人愛仁会 高槻病院終了 〒569-1192
    高槻市古曽部町1-3-13
    072-681-3801 ~2014/04/01
             

本サイトで扱う情報は2012年9月21日以降に更新されたものとなります。「過去」の実施技術・医療機関は、 2012年9月21日以降に終了したものを掲載しています。