• 先進医療情報ステーション TOP
  • 先進医療を知る
  • 先進医療検索
実施終了技術名

上肢カッティングガイドおよび上肢カスタムメイドプレートを用いた上肢骨変形矯正術

じょうしかってぃんぐがいど および じょうしかすたむめいどぷれーとをもちいた じ ... >>
この技術は「2017年10月1日」で先進医療に該当しなくなりました。
  • 適応症
    骨端線障害もしくは先天奇形に起因する上肢骨(長管骨に限る。以下この号において同じ。)の変形または上肢骨の変形治癒骨折(一上肢に二以上の骨変形を有する者に係るものを除く。)
  • 内容
    この先進医療は、変形した腕の骨を矯正する手術を行う際に、CTによるシミュレーションに基づいて作成したカッティングガイドやカスタムメイドプレートを用いるものです。
    けがや感染による骨端線(骨の端に存在する成長軟骨帯)の障害や、生まれつきの異常、骨折した際の不適切な治療によって、腕の骨が大きく変形すると、腕がうまく動かなかったり、痛みを伴ったりして、日常生活に支障が出ます。このような場合、骨を切って形を整え、プレートで固定する手術を行うのが一般的です。これまでは、手術前にX線画像を用いて手術の計画を立てていましたが、正確性に限界があり、手術後に機能障害が残ることがありました。
    この先進医療では、CTデータをもとに作成した三次元モデルを用いて手術シミュレーションを行い、それに基づいて、骨を切る面を示したカッティングガイドと、矯正後の骨形状に最も適したカスタムメイドプレートを作成します。手術の際にこれらを用いることで、変形した腕の骨を正確に矯正することができます。
  • がんの分類
     
  • 部位・診療科分類
  • 技術の実施期間
    2015/01/01~2017/10/01
  • 医療機関
    • 過去に承認されていた実施医療機関
    都道府県 医療機関名 所在地 電話番号 医療機関の実施期間
    愛知県 国立大学法人 名古屋大学医学部附属病院終了 〒466-8560
    名古屋市昭和区鶴舞町65
    052-741-2111 ~2017/10/01
    大阪府 大阪大学医学部附属病院終了 〒565-0871
    吹田市山田丘2-15
    06-6879-5111 ~2017/10/01
             

本サイトで扱う情報は2012年9月21日以降に更新されたものとなります。「過去」の実施技術・医療機関は、 2012年9月21日以降に終了したものを掲載しています。