• 先進医療情報ステーション TOP
  • 先進医療を知る
  • 先進医療検索
検索結果
実施中技術名

大阪市立総合医療センター
〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-13-22 TEL:06-6929-1221

並び順は厚生労働省による掲載順となります。
「医療機関の実施期間」の表記については、厚生労働省先進医療専門家会議における実施報告および厚生労働省ホームページで承認が発表された日付を記載しています。先進医療として実施が終了した技術には印をつけています。

技術名 適応症 医療機関の実施期間
三次元形状解析による体表の形態的診断終了 頭蓋、顔面または頸部の変形性疾患 ~2018/04/01
腹腔鏡下膀胱尿管逆流防止術 膀胱尿管逆流症(国際分類グレードVの高度逆流症を除く。) 実施中
MEN1遺伝子診断終了 多発性内分泌腫瘍症1型(MEN1)が疑われるもの(原発性副甲状腺機能亢進症【pHPT】<多腺症でないものにあっては、40歳以下の患者に係るものに限る。>または多発性内分泌腫瘍症1型【MEN1】に係る内分泌腫瘍症<当該患者の家族に多発性内分泌腫瘍症1型【MEN1】に係る内分泌腫瘍を発症したものがある場合または多発性内分泌腫瘍症1型【MEN1】に係る内分泌腫瘍を複数発症している場合に限る。>) ~2020/04/01
ペメトレキセド静脈内投与およびシスプラチン静脈内投与の併用療法 肺がん(扁平上皮肺がんおよび小細胞肺がんを除き、病理学的見地から完全に切除されたと判断されるものに限る。) 実施中
オクトレオチド皮下注射療法 終了 先天性高インスリン血症(生後2週以上12月未満の患者に係るものであって、ジアゾキサイドの経口投与では、その治療に係る効果が認められないものに限る。) ~2019/06/01
リツキシマブ点滴注射後におけるミコフェノール酸モフェチル経口投与による寛解維持療法終了 特発性ネフローゼ症候群(当該疾病の症状が発症した時点における年齢が十八歳未満の患者に係るものであって、難治性頻回再発型またはステロイド依存性のものに限る。) ~2018/12/01
術後のホルモン療法およびS-1内服投与の併用療法終了 原発性乳がん(エストロゲン受容体が陽性であって、HER2が陰性のものに限る。) ~2017/05/01
マルチプレックス遺伝子パネル検査(進行再発固形がん)終了 進行再発固形がん(切除が困難で進行性のものまたは治療後に再発したものであって、原発部位が不明なものまたは治療法が存在しないもの、従来の治療法が終了しているものもしくは従来の治療法が終了予定のものに限る。) ~2019/07/01