• 先進医療情報ステーション TOP
  • 先進医療を知る
  • 先進医療検索
実施中技術名

周術期デュルバルマブ静脈内投与療法

しゅうじゅつき でゅるばるまぶ じょうみゃくないとうよりょうほう
  • 適応症
    肺尖部胸壁浸潤がん(化学放射線療法後のものであって、同側肺門リンパ節・縦隔リンパ節転移、同一肺葉内・同側の異なる肺葉内の肺内転移および遠隔転移のないものに限る。)
  • 内容
    この先進医療は、肺尖部胸壁浸潤がんの切除手術の前後に、デュルバルマブという免疫チェックポイント阻害薬を点滴で静脈内に投与する治療法です。免疫チェックポイント阻害薬は、がん細胞が免疫の作用から逃れるしくみを妨げることで、免疫ががん細胞に対して十分に作用してがん細胞を破壊できるようにする薬です。
    肺尖部胸壁浸潤がんは、肺尖部(肺の一番上の部分)にできたがんが、周囲の胸壁にまで広がったものです。切除可能な肺尖部胸壁浸潤がんに対して、抗がん薬による化学療法と放射線療法を併用してから切除手術を行うのが標準治療ですが、予後が悪いケースが少なくありません。
    この先進医療では、手術前の化学療法と放射線療法の併用に加え、手術の前後にデュルバルマブを投与します。また、手術前のデュルバルマブ療法の後で手術ができないと判断された場合は、デュルバルマブを追加投与します。これらの治療により、予後の改善が期待されます。
  • がんの分類
  • 部位・診療科分類
  • 技術の実施期間
    2020/03/01~
  • 医療機関
    • 現在承認中の実施医療機関
    • 過去に承認されていた実施医療機関
    都道府県 医療機関名 所在地 電話番号
    千葉県 国立研究開発法人 国立がん研究センター 東病院 〒277-8577
    柏市柏の葉6-5-1
    04-7133-1111
    東京都 国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院 〒104-0045
    中央区築地5-1-1
    03-3542-2511
    愛知県 国立大学法人 名古屋大学医学部附属病院 〒466-8560
    名古屋市昭和区鶴舞町65
    052-741-2111
    福岡県 九州大学病院 〒812-8582
    福岡市東区馬出3-1-1
    092-641-1151
           

本サイトで扱う情報は2012年9月21日以降に更新されたものとなります。「過去」の実施技術・医療機関は、 2012年9月21日以降に終了したものを掲載しています。