• 先進医療情報ステーション TOP
  • 先進医療を知る
  • 先進医療検索
検索結果
実施中技術名

浜松医科大学医学部附属病院
〒431-3192 浜松市東区半田山1-20-1 TEL:053-435-2111

並び順は厚生労働省による掲載順となります。
「医療機関の実施期間」の表記については、厚生労働省先進医療専門家会議における実施報告および厚生労働省ホームページで承認が発表された日付を記載しています。先進医療として実施が終了した技術には印をつけています。

技術名 適応症 医療機関の実施期間
神経変性疾患の遺伝子診断終了 家族性筋萎縮性側索硬化症、家族性低カリウム血症性周期性四肢麻痺またはマックリード症候群 ~2018/11/01
造血器腫瘍細胞における薬剤耐性遺伝子産物P糖蛋白の測定終了 白血病、悪性リンパ腫または多発性骨髄腫 ~2014/04/01
難治性眼疾患に対する羊膜移植術終了 再発翼状片、角膜上皮欠損(角膜移植によるものを含む。)、角膜穿孔、角膜化学腐食、角膜瘢痕、瞼球癒着(スティーブンス・ジョンソン症候群、眼類天疱瘡、熱・化学外傷瘢痕その他の重症の瘢痕性角結膜疾患を含む。)、結膜上皮内過形成、結膜腫瘍その他の眼表面疾患 ~2014/03/01
CYP2C19遺伝子多型検査に基づくテーラーメイドのヘリコバクター・ピロリ除菌療法終了 ヘリコバクター・ピロリ感染を伴う胃潰瘍または十二指腸潰瘍 ~2016/04/01
EBウイルス感染症迅速診断(リアルタイムPCR法)終了 EBウイルス感染症(免疫不全のため他の方法による鑑別診断が困難なものに限る。) ~2018/04/01
単純疱疹ウイルス感染症または水痘帯状疱疹ウイルス感染迅速診断(リアルタイムPCR法)終了 単純疱疹ウイルス感染症または水痘帯状疱疹ウイルス感染症(免疫不全のため他の方法による鑑別診断が困難なものに限る。) ~2016/04/01
IL28Bの遺伝子診断によるインターフェロン治療効果の予測評価終了 C型慢性肝炎(インターフェロン・リバビリン併用療法による効果が見込まれるものに限る。) ~2016/04/01
急性リンパ性白血病細胞の免疫遺伝子再構成を利用した定量的PCR法による骨髄微小残存病変(MRD)量の測定終了 急性リンパ性白血病(ALL)または非ホジキンリンパ腫(NHL)であって初発時に骨髄浸潤を認めるリンパ芽球性リンパ腫もしくはバーキットリンパ腫 ~2018/04/01
インターフェロンα皮下投与およびジドブジン経口投与の併用療法終了 成人T細胞白血病リンパ腫(症候を有するくすぶり型または予後不良因子を有さない慢性型のものに限る。) ~2019/03/01
腹腔鏡下センチネルリンパ節生検 早期胃がん 実施中
FDGを用いたポジトロン断層撮影によるアルツハイマー病の診断 アルツハイマー病 実施中
オクトレオチド皮下注射療法 終了 先天性高インスリン血症(生後2週以上12月未満の患者に係るものであって、ジアゾキサイドの経口投与では、その治療に係る効果が認められないものに限る。) ~2017/06/01
パクリタキセル腹腔内投与および静脈内投与ならびにS-1内服併用療法終了 腹膜播種または進行性胃がん(腹水細胞診または腹腔洗浄細胞診により遊離がん細胞を認めるものに限る。) ~2017/01/01
術前のTS-1内服投与、パクリタキセル静脈内および腹腔内投与ならびに術後のパクリタキセル静脈内および腹腔内投与の併用療法終了 根治切除が可能な漿膜浸潤を伴う胃がん(洗浄細胞診により、がん細胞の存在が認められないものに限る。) ~2017/01/01
蛍光膀胱鏡を用いた5-アミノレブリン酸溶解液の経口投与または経尿道投与による膀胱がんの光力学的診断終了 筋層非浸潤性膀胱がん ~2014/06/01
術後のホルモン療法およびS-1内服投与の併用療法終了 原発性乳がん(エストロゲン受容体が陽性であって、HER2が陰性のものに限る。) ~2017/05/01
S-1内服投与、オキサリプラチン静脈内投与およびパクリタキセル腹腔内投与の併用療法終了 腹膜播種を伴う初発の胃がん ~2017/01/01
内視鏡下手術用ロボットを用いた腹腔鏡下胃切除術終了 根治切除が可能な胃がん(ステージIまたはIIであって、内視鏡による検査の所見で内視鏡的胃粘膜切除術の対象とならないと判断されたものに限る。) ~2017/07/01